マンション管理費のムダや大規模修繕工事費を削減 プロの厳しい選定基準で最適な工事会社や管理会社決定をお手伝い致します

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

CIP品質の特徴

管理費見直し・削減で大切にしていること

CIPは管理組合(理事会・専門委員会)と目的を共有し、培った経験と実績あるプロの知識を最大限活用しながら、管理組合の最良のパートナーとして最善の結果に導きます。

1. 競争原理を正しく取り入れる

マンション管理業界は競争原理とは無縁の業界です。競争の無い環境だと、何においても金額は高止まりとなるのが世の常です。
物価や所得は下方変動することもありますが、管理費は社会情勢の影響を受けにくく、自動的に安くなるケースを見たことがありません。一方的に決められた金額を払い続ける状況はサービスを受ける側の管理組合にとって、決して好ましい状況とは言えません。

ここへ適切に競争原理を導入することは、管理組合として大きな利益を得る結果に繋がります。例えば携帯電話の契約金額も競争原理が働き始めると、各社でサービスを充実させ、金額設定にも工夫を凝らす動きを促します。その利益を享受するのは消費者です。

CIPのコンサルは現行の管理サービスの状況に正しく競争原理を導入して、合理的かつ明確に、無駄を省き、品質を向上させて管理費の削減を実現します。同一仕様書による、専門業者レベルまで多数の見積りを取得する競争原理の導入は、公平で公正かつ、業界のしがらみにとらわれない価格を実現できる唯一の方法です。

正しく価格競争をおこすためには長年培った豊かな経験と実績からのノウハウが必須です。

2. しっかりとした仕様書を作り上げる

品質を確保して競争原理を正しく働かせるためには、重要なポイントがあります。それは管理会社が行うサービス内容(仕様書)をしっかりと作り上げることが必要不可欠ということです。
現行の仕様書は記載方法がアバウトで、いかようにでも解釈できる内容であり、人為的な要素で品質は良くも悪くも変化します。この状態のまま金額を下げると、見えないところで品質は必ず下がります。
アバウトな仕様書記載方法をコーヒーに例えてみると、単に『コーヒー1杯』とオーダーするだけでは、希望通りの品は手に入りません。酸味重視、深み重視、濃いめ、薄め、オーガニック…と拘りや要求を的確に伝えて初めて、満足のいくコーヒーが手に入る。という事でイメージして頂けるでしょうか。

管理組合の状況に見合った仕様書を作成する為には、現状分析を丁寧に行い、要望を的確に反映・表現した仕様書を作りこむことが重要です。

CIPはプロの視点から契約の無駄を省き、不足を補う事は然ることながら、プロの視点からのみならず、管理組合の要望を最大限に反映させた仕様書を作り上げます。ここには管理費見直し・削減のエキスパートのノウハウが最も必要とされます。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ