マンション管理費のムダや大規模修繕工事費を削減 プロの厳しい選定基準で最適な工事会社や管理会社決定をお手伝い致します

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

大規模修繕工事(大規模修繕工事適正化支援)

大規模修繕工事の悩み解決!
修繕積立金の不足を解消して
良い工事を適正価格で賢く実施する

大規模修繕工事はマンションの資産価値を左右する大切な一大イベントです。
品質と価格で満足のできる工事を成功させるポイントは、知識と経験の豊富な信頼できるパートナー(コンサルタント)の存在です。
一級建築士事務所であるCIPが管理組合と利益相反ではない立場から、管理組合の抱える大規模修繕工事の悩みを解決/解消します。

大規模修繕工事に精通したコンサルタントだからこそできる事

大規模修繕工事に関わる4つの悩み

A) 提出された工事金額が高いのか、安いのか判断できない

管理会社から提出された工事会社の見積書(提案書)。工事内容もバラバラなので、複数の見積りのどの会社の提案内容が良くて、金額が高いのか安いのかを判断する事は至難の業。そもそもそれらが妥当な金額なのかも疑問です。提出されたものを、そのまま鵜呑みにせずしっかりと検証しましょう。

CIPは競争原理を適正に働かせて、品質を確保しつつBESTな工事金額を実現します。

B) 修繕積立金の資金不足…積立金の値上げや融資は避けて通れないのか

工事費用の不足を修繕積立金の値上げや一時金の徴収、融資で解決する提案をよく見かけます。本当にそれしか方法はないのでしょうか?答えはNOです。
CIPはマンションの実情を分析し、工事実施時期の見直しや、工事内容の見直し、適正な競争原理の導入など独自の手法で、全く違う視点からこの悩みを解消します。

C) 手抜き工事は大丈夫?工事品質が心配。

大手ゼネコンが施工した新築マンションの手抜き工事の発覚。このニュースは日本中を震撼させました。ネームバリューで安心する時代は薄れつつあります。
では安心で満足できる大規模修繕工事は、どうしたら実現できるのか。答えの一つとして第三者による工事監理の仕組みを導入することがあげられます。工事の質を左右するのは、施工会社のネームバリューや工事金額ではありません。施工会社としがらみの無い立場の、大規模修繕工事に精通した監理者の存在です。

D) 大規模修繕工事の実施時期は何時なのか…判断できない

工事周期12年の目安。工事の保証が10年で切れるから。建物の現状を無視しているかに思える提案が、多くなされているのが現状です。素人である管理組合はプロである管理会社などの言葉を鵜呑みにしてしまいがち。でもそれでは将来的な危機を招く可能性があります。
大規模修繕工事の提案が管理会社などから提出されたら、先ずはCIPにお問い合わせ下さい。
CIPは管理組合の立場に立ったエキスパートとして、建物の現状や資金状況に合わせたBESTな実施時期を見極めます。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ