マンション管理費のムダや大規模修繕工事費を削減 プロの厳しい選定基準で最適な工事会社や管理会社決定をお手伝い致します

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

工事費適正化支援サービスの流れ

step
1

無料セミナーなどの実施

先ずは満足する大規模修繕工事を手にするために、何をどうするべきか無料セミナーで勉強して、最善の方法を模索しましょう。

step
2

CIPとの契約締結(総会決議)

大規模修繕工事のコンサル業務の契約を締結します。

step
3

建物調査診断の実施

建物の劣化状況をしっかりと把握するために建物調査を実施します。結果をご報告して、現状から何時大規模修繕工事を行うかなど、管理組合内にとって最善のスケジュールを立てます。

step
4

大規模修繕工事の実施に向けて最良の施工体制を構築

CIP独自のコストマネジメントの手法を用いて大規模修繕工事の総合工事会社に管理組合が適切な仕様且つ、適正な価格で発注できるようサポートいたします。
独自の手法では共通の仕様書(大規模修繕工事の設計)の作成から、適正なネゴシエーションなど幾つかのプロセスを経て施工体制の構築を行い、最適な総合工事会社への発注を実現します。

プロセス

  1. 見積り参加会社の募集・共通仕様書の作成
  2. 見積り徴収
    共通の仕様書により総合工事会社、専門工事会社から見積りを取得します。
  3. 工事会社(総合と専門)との面接、ネゴシエーションと確認
  4. 専門工事会社の差替え提案
    工種ごとに総合工事会社傘下の専門工事会社の金額と、見積りを取った傘下以外の専門工事会社の金額を比較して、傘下以外の専門工事会社の金額が低ければ、総合工事会社と傘下以外の専門工事会社双方の承認を得ながら、傘下の専門工事会社と入れ替えを提案します。
  5. ヒアリングの実施
    総合工事会社3社を基本として選定候補とし、プレゼンテーションを行ってもらいます。
  6. 総合工事会社の決定
    最終的に、コスト面、技術力、経営基盤などの条件を考慮して、発注する総合工事会社を管理組合が決定します。
step
5

第三者監理をおく大規模修繕工事の実施

最良の施工体制による総合工事会社の工事が実際に始まってからも、仕様書通りの工事が行われているかを、第三者の目をもってしっかりと監理し、安心できる施工の実施を実現します。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ