マンション管理費のムダや大規模修繕工事費を削減 プロの厳しい選定基準で最適な工事会社や管理会社決定をお手伝い致します

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

よくある質問と回答

修繕積立金が足りません。
管理会社から一時金の負担が必要だと言われました。
提案される修繕積立金の不足を解決する方法としては、積立金額を増額したり、一時金の徴収を行うといった「居住者の経済的負担を増加させて解決する方法」が殆どです。
CIPでは「居住者の負担を変えずに(むしろ低減させて)」解決する方法で、この問題を回避するお手伝いを創業以来、行って参りました。
負担を増やさずに解決できる方法はあります。是非、ご相談ください!
CM方式工事費適正化支援サービスって何ですか?
大規模修繕工事の質を落とさずに費用の適正化を図り、最善の施工体制を構築する事を目的としたCIPの行うコンサルティング業務の名称です。適切な工事を行うための建物調査と設計をはじめ、専門工事会社からも見積りをとる独自の手法で自由競争を適切に働かせる事により、より満足のいく、大規模修繕工事を適正価格で実現することを支援します。また、大規模修繕工事に特化した第三者監理で、安心のできる満足いく工事を実現します。
サービスの導入には、どんなメリットがあるのですか?
大規模修繕工事費の適正化が図れると同時に、最高の施工体制が構築できます。また、何故この施工会社への発注が決定されたのか、そのプロセスに不透明な部分がない為、管理組合として一番大切な、居住者に対する説明が明確にできるようになります。
どうして工事費が安くなるのですか?
業界では珍しい「専門工事会社からも見積りをとる手法」を用いて自由競争を導入する事が大きな要因です。
CIPは長年に渡り、この手法を用いて多くの管理組合の満足を実現して参りました。長年の実績と経験をサービス向上に反映させて、より安心で満足のいく大規模修繕工事を適正価格で実施する環境づくりを実現しております。
安かろう悪かろうの工事にならないか心配です。
CIPは長年の経験を有した大規模修繕工事のエキスパートです。プロとしての厳しい目をもって、一つ一つの案件が最も満足できる結果となるよう、当たり前のことですが真剣に誠意をもって取り組んでいます。
エントリーしている施工会社もお客様の役に立ちたいとの高い志をもった会社も多い中、大規模修繕工事に特化したコンサルとして、常に実績や企業情報等を精査・比較し、会社選定補助をするなど、細心の注意をもって臨んでいます。
大規模修繕工事前の建物調査業務などを管理会社以外に頼むと、カドが立ちませんか?
この社会情勢下において自分たちの意思で動き、資産の流れを人任せにしない事は当然です。そもそも大規模修繕工事は管理会社へ依頼するものとの決まりはありません。真の意味で、管理会社と良好な関係にある管理組合であれば、そのような心配は無用です。
万が一、管理会社から管理組合の要望が抑制される動きが出たり、対応が悪い方向に変化したりなどあれば、それは不味い関係であると認識して頂いていいと思います。大規模修繕工事は管理組合のために行う大切な工事です。
大規模修繕工事を成功させるポイントは、誰をパートナーとして選ぶかです。
なお、工事前の調査診断は大規模修繕工事の大切な指標となる為、調査診断の依頼先は慎重に選択することをお勧めします。
手抜き工事が心配です。
手抜き工事の原因として、工事をチェックする工事監理が十分でないことが挙げられます。監理を信頼のできる第三者に依頼することをお勧めします。何処に監理を依頼するかも非常に重要なので、慎重に見極める事が大切です。
監理って何ですか?
工事が設計図どおりに実施されているかどうかをチェックする機能です。施工者が行った工事をプロの目をもって入念にチェックする事で質を見極め、満足のいく工事を実現するためには非常に重要な役割を担います。
どこに監理を頼めばいいのですか?
総合工事会社や、管理会社以外の大規模修繕を熟知した第三者機関に依頼することをお勧めします。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ