マンション管理費のムダや大規模修繕工事費を削減 プロの厳しい選定基準で最適な工事会社や管理会社決定をお手伝い致します

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

長期修繕計画を適正な内容へ

長期修繕計画とは

快適に住み続けられるマンションを維持するために、どのような工事を、何時、どれ程の費用(概算費用)で実施するかを長期間(通常は30年程度)にわたってまとめたものが長期修繕計画書です。必要な修繕工事額(概算)と修繕積立金額残高が明記されているため、積立金の必要月額を判断することにも利用される大切な書類です。

マンションの立地条件や建物の形態など諸条件によって内容は異なっているのが在るべき姿。是非、内容を確認してみて下さい。内容は更新されているでしょうか。建物の状態は経年変化するため、基本的には5年ごとに見直し、実施された工事内容を反映して、随時最新の情報に更新することが大切です。

修繕積立金にまつわる問題

多くのマンション管理組合が抱える問題。それは修繕積立金の不足です。

実はこれは起きて当然の問題です。なぜなら殆どのマンションでは新築分譲時に設定された現実的ではない金額で運用されており、初期の長期修繕計画書の内容では、大規模修繕工事の際に多額の不足額が見込まれていることが現状だからです。このことは近年、社会的な問題となってきています。

長期修繕計画が破綻(赤字)しているため、修繕積立金を数年ごとに値上げ提案されたり、大規模修繕工事の際に高額の一時金の負担を求められるケースも珍しくありません。

修繕積立金は不足していませんか?
参考記事:日本経済新聞

特集:マンション修繕 困った 管理会社任せ 住民も無関心
マンションの劣化を防ぎ資産価値を守るためには、適切な修繕が欠かせない。しかし、管理会社任せの計画や住民の無関心のため、巨額の追加費用が必要になったり、修繕が困難になったりするマンションが増えている。長く住み続けるために住民はどのような事に注意する必要があるのか。事態打開の方法を探った。(記事より抜粋)

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ