マンション管理費のムダや大規模修繕工事費を削減 プロの厳しい選定基準で最適な工事会社や管理会社決定をお手伝い致します

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

GマンションのCase

管理委託見直しを決めたいきさつ

管理費削減を決めたいきさつ

このケースも管理会社の対応に問題があったことが相談にこられた理由でした。

その年の理事長は管理会社からあがってきた請求書の中身をチェックして驚きました。やってない点検項目や業務にも請求がきていたのです。そのたびに苦情を言って、始末書をとったりしたのですが、いっこうに改まらず始末書の枚数だけが増えていきました。
この様な不満が募る中、単に費用を見直すだけでなく、現在の管理業務の質を高めたいという管理組合の意向があったので、特に管理業務の仕様書づくりには力を注ぐことになりました。

このケースのように、当社の特色のひとつとして時間をかけて管理組合と打合せを行い、管理業務に不安・不審・不満がなくなるような仕様書づくりを行うということがあります。

理事長からのコメント

理事長からのコメント

単純に考えて、特別な施設のない14階建ての住宅になんで年間1000万円もかかるのだろう、と思ったことが管理費削減への第1歩になりました。

ちょうどその頃、知人を通じてCIPの須藤社長を紹介していただき、今後の管理会社の変更に対するコンサルティング業務をお願いすることになりました。
私は管理に関してはまったくの素人なので、仕様書の見直しに於いても何を残して、何を削るかということに対しての適切なアドバイスをいただくことができ大変助かりました。
それを基に、新しく管理規約も見直し、同時に新しい管理会社へも変更をすることができました。
ここで一番大変であったところと言えば、たとえほぼ全員が希望するであろうことでも、マンション全体に影響することに付いては殊更、マニュアル通りに規約に沿ってしっかりと手続きを踏んで決定していかなければならないということでした。

文章にするととても簡単に思えますが、様々な事を決定するためには予想を遥かに超えるほど数多くの理事会の開催と数回の臨時総会での決議が必要でした。CIPというコンサルタントの存在がなければ、この何倍もの何十倍もの労力と気力と体力、そして時間が掛かったのではないかと思います。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ